乳がんのすべてが分かるサイト » 乳がん対策に用いられる健康食品成分事典 » ahcc

ahcc

乳がん対策に用いられる「ahcc」について、くわしく紹介しているページです。「ahcc」が持つ効果・効能や、がん対策にかんするエビデンス、また口コミなどをリサーチしてまとめています。

ahccとは…?

「ahcc(Active Hexose Correlated Compound)」は、活性化されたヘミセルロース集合体の略称。食物繊維の一種です。

主成分は、「αグルカン」と呼ばれる多糖類です。

「ahcc」はキノコ類に属している担子菌をもとに、通常は食用としない菌糸部分をバイオ技術を利用した製法によって抽出し、人工的に培養した植物性多糖類のことを言います。

ahccの効果・効能

「ahcc」はもともと高血圧や糖尿病などの予防・治療目的で用いられていましたが、研究が進むにつれ、がんの治療にも効果を発揮することが分かってきました。

「ahcc」は、がんの移転を抑制し、免疫力を向上させて細胞を活性化させる効果を持っています。

がん細胞に対して直接的に働きかけるというわけではなく、自己が持っている自然治癒力を向上させることで、がん細胞に対抗する効果を発揮するのです。

がん対策にかんするエビデンス

研究データによると、動物実験において、がんの転移が抑制され、また薬物による肝臓への障害が改善されたという結果が報告されています。

臨床実験においても、樹状細胞の数を上昇させる結果、また、ナチュラルキラー細胞活性化を助ける「インターロイキン‐12」と呼ばれる物質を体内で引き出すという結果が報告されているようです。

口コミ・評判

  • 肝臓がんが見つかりました。手術によって肝臓3分の1と胆のうを切除したのですが、また2つのがんが再発。肝動脈塞栓術での治療を始めたものの、血管が破裂しそうになり中止…。どうにもならずに苦しんでいたとき、週刊誌でたまたま見つけた「ahcc」を試すことにしました。飲み始めてからは、なんと検査数値がどんどん回復!抗がん剤も飲んでいないのに、がんの悪化が食い止められ、医者も驚くしかないという感じでした。
  • 「ahcc」のパワーによって、医者からは全摘出と言われた子宮がんを、切ることなく治した経験があります。そして今回は、親戚に勧めてみました。私の時のような効果があることを期待します。
pagetop ▲