やさしい乳癌治療ガイド » 現在用いられている乳癌の代替療法なび

現在用いられている乳癌の代替療法なび

乳癌治療をサポートする代替療法たち

「標準治療に替わるもの」といった意味あいで“代替療法”と呼ばれているもので、癌細胞を直接治療する方法だけではなく、体の免疫力を高めることで間接的に治療する方法など、様々な角度からアプローチしているものがあります。

標準治療と組み合わせることで、確実に癌細胞を死滅させることができる最強治療を自分なりにカスタムすることも可能。より完治へ近づくことができるわけです。

しかし、代替療法には保険が適用されないというデメリットがあります。サプリメントや健康食品のように、比較的手軽に行えるものもありますが、中には数百万円もの高額な治療費がかかるものもあります。代替療法を取り入れるには、自分の病状や体調に合っているかどうかはもちろん、家族や周囲の人の理解や協力が得られるかどうかも必要不可欠です。

そこで、現在行われている主な代替療法について、治療の特徴や内容、かかる費用などについてまとめてみました。興味がある治療法については、これを参考に検討してみてはいかがでしょう。

高濃度ビタミンC点滴 免疫細胞療法 温熱療法(ハイパーサミア)
大量のビタミンC製剤を体内へ入れることで、癌の標準治療の効果を高めたり、抗がん剤の副作用を軽減させる効果が期待できる治療法です。
高濃度ビタミンC点滴≫≫
患者自身が持つ免疫細胞の中から特定の細胞を取り出し、外で培養して数を増やして再び体内へと戻して免疫力を高める治療法です。
免疫細胞療法≫≫
癌細胞は正常な細胞よりも高温に弱いという特性をいかし、電磁波を流すことで、細胞を発熱させる治療法です。
温熱療法(ハイパーサミア)≫≫
凍結療法 ラジオ波療法 漢方療法
腫瘍を凍らせて死滅させる治療法。切除手術が基本ですが、体力的に厳しい場合や手術を希望しない場合、適応されるケースがあります。
凍結療法≫≫
乳房の腫瘍に外から針を刺して周波数480MHz程度のラジオ波電流を流し、熱を発生させて癌細胞を焼き殺す治療法です。
ラジオ波療法≫≫
血流や気の流れ、水の流れなどを改善する生薬をブレンドして処方し、全身治療を行う治療法です。
漢方療法≫≫
健康食品・サプリメント 鍼灸・マッサージ 乳癌の早期発見・治療のために
免疫力を高めるものや抗酸化作用のあるもの、癌細胞の自死(アポトーシス)を誘導するものなど、作用が異なるサプリメント成分が多数発表されています。
健康食品・サプリメント≫≫
東洋医学の考えに基づいて行われる伝統的な施術法で、全身のツボの中から体調や病状に合ったツボを選んで針などで刺激し、つらい症状を緩和します。
鍼灸・マッサージ≫≫
注目の記事

乳癌治療や再発・転移
防止の重要キーワード
『免疫力』について知ろう

girl

【免責事項】
このサイトは個人が調査した情報を基に作成しています。
乳癌の診断・治療は必ず医師に相談をした上で行ってください。

pagetop ▲