漢方療法

乳癌に対して漢方薬でアプローチする方法について、処方の内容や注意点、治療費用などの情報をまとめて解説しましょう。

漢方を利用した癌の治療法とは

漢方治療は東洋医学の考え方に基づいて、血流や気の流れ、水の流れなどを改善する生薬をブレンドして処方し、全身治療を行う治療法。最近では総合病院でも漢方外来を設けているところが増えていますし、西洋医学の治療と並行して漢方薬が用いられています。癌治療においても、標準治療と並行して行う代替療法として一般的に普及していますね。

漢方療法は、癌を局所的に治療する西洋医学的な外科治療の対極にある治療法です。切除手術や放射線治療、抗がん剤による化学療法などで弱った体全体を生薬の力でいたわり、総合的に体力や抵抗力、免疫力を高めることを目標としています。不快な副作用や痛み、ツラい症状を緩和する効果も期待できます。

基本的には、癌の種類別に処方が異なるわけではなく、患者さんの体質や病状によって、薬の配合を調整します。冷えやすい方には体を温める生薬を、むくみが出ている人には利水作用のあるものを、といった具合に処方されます。

治療に使われる漢方薬の種類と費用について

乳癌の治療に実際に使われる漢方薬として代表的なものは、当帰芍薬散や桂枝茯苓丸など。

当帰芍薬散は、当帰(とうき)と芍薬(しゃくやく)、蒼朮(そうじゅつ)や茯苓(ぶくりょう)など6種類の生薬を組み合わせたもので、利水作用と補血作用のある薬。貧血やむくみの症状があり、体力が低下している人に適しているそうです。

桂枝茯苓丸は、桂皮や桃仁、牡丹皮など5つの生薬を組み合わせていて、血液循環を促進したり、化学療法によってダメージを受けた細胞の修復を促進する効果もあるそうです。

上記の2種類の薬の場合は、化学療法やホルモン療法などの標準治療の補完として処方され、健康保険が適用されます。

乳癌の漢方治療は植物エストロゲンに注意する

しかし、乳癌の場合は特別に注意しなければならない点がひとつあります。女性ホルモンのエストロゲンが、乳癌の増殖を刺激することがあるので、エストロゲンに似た作用を持つ生薬は避けなければならないのです。

例えば、一般的に良く知られている大豆イソフラボンは、エストロゲンと似た構成を持つのでフィトエストロゲン(植物エストロゲン)と呼ばれていま す。同じようにマメ科の生薬である葛根にもイソフラボンが含まれているそうです。ほかにも、高麗人参や甘草についても、エストロゲンに似た作用があるので はないか、と言われています。

それらの生薬を避けながら、乳癌の不快な症状や治療の副作用を抑える効果を持つ薬を処方するのが、乳癌の漢方治療の基本です。

乳癌の治療効果を高め
再発・転移をさせないためのキーワードは
免疫力
≫≫免疫力を高める方法を詳しく調べる≪≪
注目の記事

乳癌治療や再発・転移
防止の重要キーワード
『免疫力』について知ろう

girl

【免責事項】
このサイトは個人が調査した情報を基に作成しています。
乳癌の診断・治療は必ず医師に相談をした上で行ってください。

pagetop ▲