乳がんのすべてが分かるサイト » 現在用いられている乳癌の代替療法なび » 健康食品・サプリメント

健康食品・サプリメント

癌の代替療法として人気の健康食品やサプリメントについて、代表的な健康成分の特徴や効果、注意点などの情報をまとめて紹介しています。

手軽に毎日続けられるサプリメントを活用しよう

癌と診断された直後の人や、初期治療が終わって自宅療養中の人などは、病院での治療以外に日常生活の中で取りいれられる健康食品やサプリメントを検討してみてはいかがでしょう。

私たち日本人は新しいダイエット法や健康法が大好き。健康をサポートしてくれる成分は、毎年のように新しい種類が発見され、次々とブームになりますね。たくさんのメーカーがそれらの健康成分をいろいろなタイプのサプリメントとし加工し販売しています。

中でも、“癌に効く”とされる成分は、免疫力を高めるものや抗酸化作用のあるもの、癌細胞の自死(アポトーシス)を誘導するものなど、作用が異なる成分が次々と登場しています。

サプリメントのメリットは、簡単に手に入れることができるので自宅療養中に気軽に始められ、続けやすいことにあります。それでいて、徐々に体調を改善していく効果が見られることも魅力です。サプリや健康食品は、病院での治療や服薬と違って即効性は感じられないので、飽きずに長く続けられるかどうかがカギ。

毎日決められた量を飲むだけ、という手軽なものなら癌細胞への効果だけでなく、基礎体力や免疫力のアップを目指して続けられますね。

癌に効く?代表的なサプリメント成分

癌細胞を抑止したり再発を防止する効果が期待できる成分をいくつかピックアップします。

<アガリクス>

日本ではヒメマツタケと呼ばれているキノコの一種で、ブドウ糖が結合してできた多糖体、βグルガンという成分が、多く含まれています。βグルガンは体の免疫機能を高め、癌細胞の増殖を抑える効果を発揮することが分かっているそうです。

<フコイダン>

モズクやワカメ、昆布などの海藻に多く含まれている多糖類の一種です。マクロファージやNK細胞を活性化させて免疫機能を強化させるだけでなく、癌細胞に自死(アポトーシス)を誘導したり、転移予防の効果も期待できると言われています。

<メシマコブ>

日本原産のキノコの一種で、野生の桑の幹に寄生するサルノコシカケのような形状のキノコです。マクロファージやT細胞などの免疫細胞を活性化させる効果があるとともに、抗がん剤などの副作用を抑える働きもあるそうです。

<紅豆杉>

中国雲南省の4000メートル級の山岳地帯に自生しているという、イチイ科の樹木です。がん抑制効果があり、抗がん剤としても使われるタキソールなど6種類の抗ガン物質が含まれていることが分かっています。癌細胞だけを狙い撃ちして抑制するので、副作用がなく効率的に癌細胞を減らすことができると話題の成分です。

再発・転移を防ぐにはアガリクスが人気

癌細胞を抑制したり死滅させる効果があるとして話題の成分の中でも、特に人気が高いのはアガリクス。癌と診断された人が利用している健康食品の中で、実に60%くらいがこのアガリクスを摂取している、とのデータもあるそうです。アガリクスという名前を一度は耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

アガリクスは、松茸に似たような形のキノコで日本での名前はヒメマツタケと言いますが、現在販売されているサプリメントは、中国産のものやブラジル産のアガリクスから成分を抽出して飲みやすく加工した製品が多いようです。

アガリクスには、βグルカンという多糖体が含まれていますが、この成分は癌細胞が血管を形成するのを抑制し、癌細胞への栄養供給をストップさせることで、いわば兵糧攻めを行い、癌細胞を死滅させるそう。さらに免疫細胞を強化して免疫力をアップさせるので、抗がん剤と併用すると治療効果を高め、治療後の体力回復にも役立ちます。

アガリクスがブームとなってから、産地である中国やブラジルではハウス栽培などが行われるようになりました。生産が安定してきたこともあり、アガリクスのサプリメントの中には手軽に入るものも増えてきたようです。

しかし、安全性の問題や効果の高さなどを考えると、中国産よりはブラジル産、ハウス栽培よりは露地栽培を選んだ方が無難。癌を完治させることを目的として毎日摂取するのですから、確実に効果が得られる商品を選ぶこともポイントとなります。

pagetop ▲