乳がんのすべてが分かるサイト » 乳癌の標準治療〜外科手術の治療と流れ〜 » 入院のための準備

入院のための準備

乳癌が確定し、治療を開始するまでに行われる検査の内容や目的、入院の準備などについて解説します。

乳癌手術のため入院前に行う検査とは

乳癌であると分かる前にマンモグラフィや超音波装置などで検査を行ったかと思いますが、乳癌と確定した後も治療の方針を決めるためにいくつかの検査をします。

主に、手術の方法を決定するための、腫瘍の大きさや位置、転移などを確かめる検査となります。入院前に外来で行うことがほとんどです。

癌の広がりを判断する検査

乳房切除手術を行った後も、乳房内に癌細胞が残っていた場合、再発を起こしてしまうことがあります。手術の際は癌細胞の取り残しがないようにどの程度の範囲に広がっているのかをしっかり把握しておく必要があります。

乳房内での癌の広がりや、主な病巣がある部分と離れたところにある小さな腫瘍の有無などを、マンモグラフィや超音波検査で観察しておきます。最近では、造影剤を使ってCTやMRIなどの画像検査を行うこともあります。

腋窩リンパ節転移の有無を判断する検査

乳癌が最初に転移を起こしやすいのは、脇の下のリンパ節です。リンパ節に転移すると、リンパの流れに乗って全身に転移する可能性も出てきますから、リンパ節転移は乳癌治療の重要なポイントとなります。乳房切除手術と同時に、脇の下のリンパ節を取り除く『リンパ節郭清』という手術を行うかどうか判断するためにも、リンパ節転移の有無を確かめておかなければなりません。

超音波検査やCT検査などで判断できる場合もありますし、乳房切除手術の中で行われる、『センチネルリンパ節生検』という方法で転移の有無を判断する方法もあります。

遠隔転移の有無を判断する検査

乳癌と診断された時点で遠隔転移が発見される可能性はかなり低いと言われています。全身転移を検査する方法としては、骨シンチグラフィやPET検査などがありますが、保険外で高額な検査費用がかかることも知っておきましょう。初期治療前にそれらの検査を行っても、転移が見つかる可能性は低いので、費用が負担となることも考えて行わない場合もあります。

癌の質を判断する検査

乳癌の確定前に細胞診や生検を行った場合は、その細胞を詳しく見ることで癌細胞の悪性度や性質などを知ることができます。細胞の性質が分かると薬剤の効果なども分かるので、どのような薬剤を用いるべきか、治療の指針ともなります。

一般的な乳癌手術にかかる入院期間

乳癌の切除手術で入院する場合、多くの場合は1週間から10日前後の入院期間となります。それよりも早く退院できることもありますが、傷口のガーゼ交換などのために通院が必要となります。

入院時にあると良いもの

一般的な入院準備とほぼ同じですが、胸帯という胸だけを覆う下着のようなものを用意するように言われる場合もあります。

リンパ節郭清術を受ける人は、腕を動かしにくくなることもありますから、パジャマだけでなく下着なども前開きのものを用意しておきましょう。退院するときの洋服も同様に前開きのものを用意することを忘れずに。

pagetop ▲