乳がんのすべてが分かるサイト » 乳癌の標準治療〜放射線治療について〜

乳癌の標準治療〜放射線治療について〜

あんしんして乳癌の放射線治療を受けるために

放射線療法は、乳房の主要部分だけを取り除く乳房温存手術とは切っても切れない関係で、術前や術後に手術とワンセットで治療が行われます。一般的に、乳癌には放射線療法が効くとされており、局所癌の進行を食い止めたり、リンパ節へ照射して転移の予防したりとさまざまな方法で利用されています。

しかし、放射線療法が適用とならない病状の方や、同じところへの複数回の照射などができないなど、制限されるケースもありますから、注意が必要。放射線療法と上手に付き合うことが、乳癌を完治するための重要ポイントとなることは間違いありません。放射線療法が適応とならないケースについてもまとめていますので、参考にしてください。

放射線治療とは 治療のタイミング 副作用について
腫瘍の切除手術や抗がん剤を使った化学療法と並んで、癌の標準治療と言われている放射線治療。乳癌の初期治療にどのように利用されるのか、どんな効果があるのかなどをまとめて解説しています。
放射線治療とは≫≫
放射線治療は、癌の初期治療だけでなく、再発や転移の場合にも用いられます。乳癌の治療法としては、どのように利用されているのかを解説します。乳房温存手術を予定している場合は、どのタイミングで何を目的として治療が行われるのかよく確認しておきましょう。
放射線治療のタイミング≫≫
癌の放射線治療と聞くと、どうしても気になってしまうのは副作用の問題。どのような副作用が起きる可能性があるのでしょうか。治療中や治療後など時期でも症状は異なります。その詳細や対処法をまとめました。
放射線の副作用について≫≫
免疫力をアップ!「毒だし酵素」のチカラとは?
pagetop ▲