乳がんのすべてが分かるサイト » 乳癌の標準治療〜放射線治療について〜 » 放射線治療とは

放射線治療とは

腫瘍の切除手術や抗がん剤を使った化学療法と並んで、癌の標準治療と言われている放射線治療。乳癌の初期治療にどのように利用されるのか、どんな効果があるのかなどをまとめて解説しています。

放射線照射が癌細胞を攻撃するメカニズム

癌細胞とは、遺伝子が傷ついたりして突然変異を起こした細胞のこと。体の指令を無視して急速に増えることで、周囲の正常な細胞や組織を破壊して体の機能を奪っていきます。

このように、癌細胞が増殖するときは、盛んに細胞分裂を繰り返します。変異した遺伝子をドンドン増やして腫瘍を大きくしていくわけですが、この分裂するときの遺伝子に作用するのが放射線です。

放射線は、細胞分裂や新しい細胞への置き換わりを繰り返している細胞の遺伝子を攻撃し、増殖を抑える働きをします。一定期間、繰り返して照射することで、癌細胞を少なくする効果があるのです。

現在、治療に多く用いられている放射線は、X線やガンマ線、電子線などがあり、さらに先進医療として話題となっている陽子線や重粒子線など新しいタイプの放射線も登場しています。できるだけ通常の細胞を傷つけることなく、癌細胞だけを狙って攻撃できるよう、放射線治療も進化しています。

乳房温存手術を無事に終えた多くの方が、術後に放射線治療を受けることになるのです。この場合を例にとって、放射線治療の流れや照射方法について解説しましょう。

治療までの流れ

通常は術後2~3週間後、手術の傷もかなり治癒し、腕の運動機能も回復した頃に放射線治療を始めるそうです。抗がん剤治療を行う際は、薬の投与が終わってから放射線治療に入ります。

まずは、放射線専門の医師の診察を受け、手術後の検査結果や経過、体調などを考えて治療の開始時期や治療方針を決定します。シュミレーターという機械を使って放射線を照射する位置を決め、インクで体に直接目印をつけます。照射位置が決まったら、さっそく治療開始です。

照射の方法や期間

着替えて診療台に横になり、指示に従って動かないよう注意して照射治療を受けます。放射線を照射する時間はほんの10分ほどの場合がほとんどです。照射中は痛みや熱さなどは感じません。多くの患者さんが、土日を除く週5日、連続で通院して照射を受け、それを5週間ほど続けるそうです。

治療を受ける際の注意点

治療を受けている間は、照射している部分の皮膚の変化や体調をチェックし、医師に報告しましょう。照射位置の目印が薄くなったら、自分の判断で書き足したりせずに医師や看護師に相談します。

放射線治療が適応しないケースとは

乳房温存手術とセットで行われることが多い放射線治療ですが、治療が適応とならないケースもあります。手術を受ける前に医師と相談、確認しておくことが重要です。以下に放射線照射ができない例をいくつか紹介しましょう。

  • 患者さん自身が放射線治療を希望しない場合
  • 膠原病の患者さんへの照射
  • 妊娠している患者さんへの照射
  • すでに規定量を照射した部分への再照射
pagetop ▲