乳がんのすべてが分かるサイト » 乳癌の治療をはじめる前に〜病院での検査方法〜

乳癌の治療をはじめる前に〜病院での検査方法〜

乳癌の早期発見・治療のために受けるべき検査

代表的な検査方法は、乳がん検診でも知られるマンモグラフィや触診などですが、その他にもいくつか乳癌と診断するための検査が行われます。

「乳癌かも?」と疑いを持って病院を受診したら、まずは医師の問診や触診を受け、マンモグラフィや超音波エコーなどの画像検査を行います。さらに詳しく調べるときは、乳管の造影検査や内視鏡検査、しこりに直接細い針を刺して注射器で細胞を採取して癌細胞かどうかを調べる細胞診などを行うこともあります。

これらの検査について、流れを追って詳しく解説しますので、検査を受けるときの注意点や検査結果の見方を参考にしてみてください。

問診、視・触診 マンモグラフィ
医師の目と指で、乳房の異常をチェックをする検査は、乳癌を早期に発見するための重要項目のひとつです。ここでしこりが発見された場合、次の検査に進んでいきます。
乳がん検査の問診、視・触診について詳しく≫≫
いわゆる乳房のエックス線検査のことです。乳房を板で平らに伸ばしてレントゲン撮影するとで、しこりの有無や大きさなどが分かります。日本ではとても浸透している検査方法です。
乳がん検査のマンモグラフィについて詳しく≫≫
超音波検査(エコー検査) 穿刺吸引細胞診、針生検
超音波は固いものに反射し戻って来るという性質を利用した検査方法です。体の表面から内部の様子を画像データとして見ることができます。妊娠中でも受けることができる安全な検査です。
乳がん検査のエコー検査について詳しく≫≫
腫瘍が発見された場合、悪性か良性かを判断する必要があります。そのために細胞や組織を採取する検査が、穿刺吸引細胞診や針生検です。
乳がん検査の穿刺吸引細胞診、針生検について詳しく≫≫
免疫力をアップ!「毒だし酵素」のチカラとは?
pagetop ▲