乳がんのすべてが分かるサイト » 乳癌の治療をはじめる前に〜病院での検査方法〜 » 超音波検査(エコー検査)

超音波検査(エコー検査)

乳癌の検査方法として一般的に行われている、超音波エコー検査について解説しましょう。超音波検査は、マンモグラフィ検査の画像では見えにくいしこりや異常も、チェックすることができる検査方法です。

超音波エコー検査の方法

超音波エコー検査は、対象となる臓器などに超音波を当てると、硬いものに反射して戻って来ることを利用した検査方法で、体の表面から内部の様子を画像データとして見ることができる検査方法。妊娠中に行う胎児のエコー検査などでおなじみの方法ですね。

受診する方は横になった状態で、医師が乳房専用の超音波診断機を様々な角度から乳房にあて、画面を見ながら検査を行います。マンモグラフィ検査とは違い、放射線被ばくの心配もありませんし、もちろん痛みもありません。若い女性の場合でもはっきりと乳房の内部を確認できますし、妊娠中でも受けることができる安全な検査です。

最近では、エコー検査の機器も高性能になっていて、より鮮明に様々な種類の画像が見られるよう進化していますから、乳癌の診断もつきやすくなっているそうです。

超音波エコー検査で診断できること

超音波検査の画像では、しこりの有無や大きさ、形状はもちろんチェックできますし、濃淡や凹凸なども鮮明に確認できます。

エコー検査では、腫瘍とみられる部分と周辺との境目などもはっきり見えますから、乳腺症と乳癌の区別が付きやすいと言われています。さらに、しこりの周辺の組織が不規則になっていないかなどを確認することで、良性のしこりか悪性のものかの判断を付けることができます。

一般的な乳がん検診で行われる検査としては、この超音波エコー検査が最も精度の高い検査となっています。この検査を実施することで、ほとんどのケースの乳癌を診断することができるそうです。

この段階で悪性か良性かなどの判断ができない場合は、しこりの細胞を採取して検査する細胞診などの検査を行うことになります。

pagetop ▲