その他

前のページで紹介した以外にも、乳癌を診断するための検査方法はいくつかあります。特殊な場合の検査法などを解説していきましょう。

乳頭から分泌物が出ている場合「分泌物細胞診」

授乳中の人以外でも、乳頭から母乳のような分泌物が出ることがあります。乳白色や黄色のものではなく、血の混じったような茶色をしている場合は、乳管に腫瘍ができているケースが多いので要注意です。

しかし、癌ではなく乳腺症や乳管内乳頭腫など良性の病気の場合もありますから、検査をして細胞の性質を見極める必要があります。そんなときに選択されるのが、分泌物細胞診です。

乳頭から出ている分泌物をガラス板などに採取して、顕微鏡で調べるだけの検査なので、受診者の身体の負担はほとんどありません。

細胞診では判定がつかない場合「マンモトーム検査」

しこりの部分に針を刺して行う穿刺吸引細胞診や針生検で、良性か悪性かの診断ができない場合などは、マンモトームという検査を行うこともあるそうです。

マンモトームは検査の目的別に、マンモグラフィーを使用して行うものと、超音波装置を使用するものの2種類あります。

マンモグラフィーを使用する場合は、主に石灰化がみられる人の組織診断が目的。超音波装置は、細胞診や針生検で判断できない人や、しこりが小さくて細胞診ができないケースなどで使用されます。

それぞれ、マンモグラフィーや超音波装置で画像を見ながら針を刺して組織を採取します。小さなしこりや石灰化でも確実に採取できますし、小さい傷で複数個所の組織を採取できるので、確実に判定できる方法と言えます。

細胞診で判定がつかない、マンモトーム設備がない場合「外科的生検」

細胞診や針生検で癌かどうかの判定がつかず、さらに詳細な検査が必要な場合は、メスでしこりの一部やすべてを切り取って検査する、外科的生検が行なわれることがあります。

マンモトームで対応できる場合もありますが、マンモトーム検査を行う設備がない病院などでは、入院して局所麻酔を行い、手術と同じようにしこりの組織を切り取る方法を選択することがあるそうです。

しこりが悪性の場合、外科的生検を行うことで癌細胞を周囲に広げてしまうのでは?という懸念がありますが、医師によって意見が分かれるようです。担当医とよく相談する、それでも納得できない場合はセカンドオピニオンも受けることを視野に入れて臨みましょう。

乳癌の治療効果を高め
再発・転移をさせないためのキーワードは
免疫力
≫≫免疫力を高める方法を詳しく調べる≪≪
注目の記事

乳癌治療や再発・転移
防止の重要キーワード
『免疫力』について知ろう

girl

【免責事項】
このサイトは個人が調査した情報を基に作成しています。
乳癌の診断・治療は必ず医師に相談をした上で行ってください。

pagetop ▲