乳がんのすべてが分かるサイト » 乳癌の治療を始める前に〜基本となる知識〜 » 浸潤性乳管癌と非浸潤性乳管癌の違い

浸潤性乳管癌と非浸潤性乳管癌の違い

乳癌と一口で言っても、発生した場所や状態によっていくつかの種類に分類することができます。癌の種類別に性質も異なりますから、ここでしっかり把握しておきましょう。

乳癌には乳管癌と小葉癌とがある

乳房の中の乳腺に発生する悪性腫瘍を乳癌と呼びますが、その中でも母乳を作る場所である小葉にできるものは「小葉癌」、母乳を乳頭へと集めて運ぶ乳管に発生するものは「乳管癌」とされています。

一般的には、小葉癌よりも乳管癌の割合が高く、乳癌の約9割が乳管癌であると言われているそう。残りの5~10%が小葉癌ですが、その他にもごく少数の炎症性乳癌と言われる珍しい癌もあります。炎症性乳癌は、乳頭付近が熱を持って赤く腫れた状態になって炎症を起こしているように見えることからそう呼ばれます。

非浸潤性乳癌と浸潤性乳癌との違い

乳癌は発生した場所によって分類する以外にも、性質によって3つに分けることができます。

ひとつは、乳管などの発生した場所だけにとどまっている非浸潤性癌。発生した場所から外の組織へ溢れ出しているものを浸潤性癌と呼びます。

さらに、ごく稀な症例ですが、乳管の出口付近に発生した非浸潤性癌が乳頭や乳輪部の表皮に出てきたパジェット病というものもあります。

非浸潤性癌は腫瘍が乳管の中だけにとどまっている状態ですので、しこりを形成するほどでもなく、転移のリスクも少ないと言われています。この段階で発見されれば9割は完治するとされていて、乳癌全体では2割程度がこの非浸潤性です。

乳管に発生した腫瘍細胞が、周辺の組織にまであふれ出た状態のものは浸潤性癌とされ、しこりによって発見された乳癌のほとんどはこの浸潤性癌です。約9割は乳頭腺管癌、充実腺管癌、硬癌の3種類が占めていて、残りの1割は浸潤性小葉癌など特殊型と呼ばれています。種類によってマンモグラフィでの見え方や性質が異なっているそうです。

非浸潤性乳癌が増加している理由とは

非浸潤性癌は、しこりもないごく初期の癌ですが、乳頭から血性の分泌物が出て気がついたり、マンモグラフィや超音波検査などで発見されます。この段階で発見されれば、完治する可能性も格段に高くなります。

最近は乳がん検診の受診率が徐々に高まってきていることもあり、日本では乳癌全体の2割程度がこの非浸潤性の段階で発見されています。しかし、がん検診が広く浸透している欧米では、早期発見が3割程度となっており、乳がん検診のさらなる普及が必要と言われています。

pagetop ▲