免疫力とは何か

乳癌の治療法について調べていると『免疫力アップ』や『免疫機能の改善』といった言葉をよく目にしませんか?

癌と闘う私たちにとって、免疫力は最大の武器。人間が本来持っているとされる免疫力や免疫機能は、病気からの回復や罹患を防止する観点から、とても重要だと考えられています。私たちの体を健康に保つために、免疫機能がどのような役割を果たしているのか解説していきましょう。

私たちは免疫システムで守られている

普段私たちは、様々な細菌やウイルス、微生物、化学物質などと接触しながら生きています。ウイルスなどが体内に侵入してきた場合、感染が広がるのを食い止めるため、侵入者を攻撃して破壊し、体外へと排除しなければなりません。そんなとき、外敵の侵入から体を守る重要な役割を果たしているのが、免疫システムです。

免疫機能は、マクロファージやナチュラルキラー細胞、キラーT細胞など、全身を巡回している数種類の免疫細胞(いわゆる白血球)と、リンパ系の器官によって成り立っています。体内へ侵入してきた外敵は、免疫細胞が発見して捕食や破壊を行い、リンパ液と一緒にリンパ管へと流されます。リンパ管はリンパ節につながっていて、そこで待ち受けている免疫細胞によって確実に破壊されるわけです。

癌細胞は異物として認識されて免疫細胞に攻撃される

免疫システムは、攻撃の標的となる外敵をどのようにして見分けるのでしょう。

免疫細胞が敵である異物を攻撃するときには、間違って自分自身の正常な細胞を傷つけないよう、“自己”か“非自己”かという基準で判断しているそうです。すべての細胞は特有の目印のような分子を表面に持っており、免疫細胞は自分の体の細胞とは違う目印を持っている細胞を異物として認識し、破壊するようインプットされているわけです。

ちなみに癌細胞は体内で発生しているものですが、正常な細胞とは別の目印を持っているので異物とみなされて攻撃の対象となります。

≫≫癌細胞に打ち勝つため免疫力を高める方法を詳しく調べる≪≪

乳癌に対する免疫システムの働き

健康な人であっても、1日に数千個の癌細胞が身体のあちこちで発生していると言われています。それらの癌細胞が目に見えるほどの腫瘍へ成長せず、健康に暮らすことができるのは、微細な細胞として発生した癌細胞を、免疫機能がしっかりと抑えているからです。

例えば、乳房の乳腺や乳管に癌細胞が発生した場合、まずは体を巡回していた免疫細胞が乳癌の細胞を発見して攻撃、破壊します。破壊された死がいや、取り逃してしまった癌細胞は、リンパ液と一緒にリンパ管に入りリンパ節へと運ばれ、待ち受けているたくさんの免疫細胞の攻撃を受けて死滅します。

しかし、ここでもし、加齢やストレス、体調不良などの理由で免疫力が低下していたら。乳房で発生した癌細胞も、リンパ節へ流れてきた癌細胞も破壊することができず、どんどん増殖させてしまいます。免疫機能が癌細胞に対抗できないくらい弱っていると、致命的な事態を招きかねないのです。

癌細胞は“発生するか否か”という点が問題なのではなく、“免疫機能によって抑制できるか否か”が重要なのです。

ただ、抗がん剤治療や放射線治療を続けることで、体の免疫力は弱まっていきます。免疫力を高めるために、サプリメントや健康食品を取り入れる、生活習慣を整えるといった心がけが必要です。

乳癌の治療効果を高め
再発・転移をさせないためのキーワードは
免疫力
≫≫免疫力を高める方法を詳しく調べる≪≪
注目の記事

乳癌治療や再発・転移
防止の重要キーワード
『免疫力』について知ろう

girl

【免責事項】
このサイトは個人が調査した情報を基に作成しています。
乳癌の診断・治療は必ず医師に相談をした上で行ってください。

pagetop ▲