乳がんのすべてが分かるサイト » 乳癌治療後の再発・転移について考える

乳癌治療後の再発・転移について考える

乳癌ときってもきれない再発・転移との関係

再発や転移を起こさないための努力を続けると同時に、再発が起こってしまった時のことも頭の隅で考えておきましょう。もしもの事態が起こったら、どんなことに注意すべきか、心の準備をしておくだけでもショックを軽減させることができるかもしれませんね。

再発や転移という誰にでも起こり得る事実を、できるだけ冷静に受け止められるよう、再発や転移の実態についてあらかじめ学んでおきましょう。転移や再発とは、どのようにして起こるのか、転移や再発が起こりやすい時期や転移しやすい場所についても解説していきます。もちろん最も重要なのは、再発や転移を防ぐことです。事前に対策をしっかり学ぶことで、初期治療後もおびえずに癌と戦う気持ちを持てるようにしましょう。

再発(局所再発)とは 転移(遠隔転移)とは 再発・転移を起こさないために
乳癌と診断されて切除手術を行った後、手術した側の乳房やその周辺に癌が再び発生することを、局所再発といいます。起こりやすい部位と、症状の確認の仕方をまとめています。
乳がんの再発(局所再発)とは≫≫
乳癌の初期治療を行った後、治療を行った乳房から離れた場所に再発が起こるケースを、遠隔転移と呼びます。乳房とは違う部位への注意が必要なため、起こりやすい場所と症状をよく学んでおきましょう。
乳がんの転移(遠隔転移)とは≫≫
転移や再発を起こしやすいといわれる乳癌。初期治療の段階からしっかりと対策をとっておかなければなりません。転移や再発を起こさないために、自分でできる予防法をまとめました。
乳がんの再発・転移を起こさないために≫≫
免疫力をアップ!「毒だし酵素」のチカラとは?
pagetop ▲