再発・転移を起こさないために

大きな不安の中、ツラい初期治療に耐えるわけですから、できることなら転移や再発を起こしたくないもの。これ以上にしんどい思いをしないためにも、初期治療の段階からしっかりと対策をしましょう。転移や再発を起こさないためのポイントをまとめてみました。

再発や転移は起きてしまったら治療が難しい

乳癌の場合、原発の腫瘍ができ始めるごく初期の段階から、癌細胞が周辺に散りやすいという特徴があります。

ですから、初期治療が終わりしばらく経ってから再発や転移が見つかったときには、病状がかなり進んでいる、という状況になりがち。特に遠隔転移が起きてしまうと、治療が難しくなってしまうケースがほとんどです。再発や転移は早く見つけて治療することよりも、起こさないことに主眼を置いて最初の治療を行うことが最も重要なのです。

再発や転移を起こさないための初期治療が最も重要

乳癌の初期治療では、腫瘍の切除手術が大前提。乳房温存手術にするか、乳房切除にするか、といった手術法を選択することはできますが、基本は手術して腫瘍を取り除くことが大切です。さらに手術後にどの治療を組み合わせるか、といったところが治療の要点になってきますね。放射線治療は受けるべきか、抗がん剤治療やホルモン療法はどうするか、など迷うポイントがいくつかあります。

しかし、乳癌は見つかった時にはすでに、周辺に癌細胞が散らばっていることを想定しながら初期治療することが重要。原発のしこりや腫瘍を取り除くだけではなく、周辺の見えない癌細胞もしっかりと潰しておくかおかないかの違いが、治療後の人生を大きく左右することになりかねません。

乳房温存手術には放射線治療が必須ですし、さらにホルモン療法や抗がん剤治療などの全身治療をしっかりと行うことで、体のあちこちに散らばっているかもしれない癌細胞を残らず叩きのめしておきましょう。

特に抗がん剤による化学療法は、副作用もありますし治療に二の足を踏む方もいらっしゃるかもしれません。しかし、少しでも癌細胞が残っていると、知らず知らずのうちに大きくなり、高い確率で再発や転移につながってしまいます。全身治療を綿密に行っているかどうかが、予後の生活につながると考えて、前向きに治療に取り組みましょう。

初期治療が終わったら免疫力アップを

初期治療でできるだけのことをやっておけば、再発や転移を怖がり過ぎることなく、普通の生活を取り戻すことができます。自宅でゆっくり過ごしながら、適度な運動や健康的な食生活を続けることで、基礎体力が回復し、自分の身体を自分で守る免疫力も高まって来るでしょう。

もし体内に微細な乳癌細胞が残っていたとしても、体力さえ回復していれば、自らの免疫機能でやっつけることができます。元々私たちの身体は、突然変異で発生する何千もの癌細胞を、毎日自力で排除して生きてきたのですから。

免疫力を高めるために、ストレスをできるだけ感じずに過ごせるよう周辺の環境を整えたり、必要な栄養素を効率よく摂取できるサプリメントや健康食品を摂取したり。自分なりに健康な身体を取り戻す方法を考えてみましょう。

乳癌の治療効果を高め
再発・転移をさせないためのキーワードは
免疫力
≫≫免疫力を高める方法を詳しく調べる≪≪
注目の記事

乳癌治療や再発・転移
防止の重要キーワード
『免疫力』について知ろう

girl

【免責事項】
このサイトは個人が調査した情報を基に作成しています。
乳癌の診断・治療は必ず医師に相談をした上で行ってください。

pagetop ▲