やさしい乳癌治療ガイド » 乳癌の標準治療〜外科手術の種類〜

乳癌の標準治療〜外科手術の種類〜

乳癌の3つの主な外科手術方法

治療の第一歩は、癌の病巣を取り除く外科手術。一昔前までは、乳癌の切除手術というと、乳房はもちろん、大胸筋や脇の下のリンパ節までをごっそり切り取ってしまう全摘手術が多く行われていたそうです。

全摘手術は、患者さんにとっては乳房を失う以上に精神的なダメージが大きいもの。現在では、乳房の一部切除と放射線治療などを組み合わせることで、全摘手術と変わらない治療効果があることが分かり、乳癌手術の半数以上が一部切除のみの乳房温存手術となっています。

腫瘍の大きさや数、転移の有無などでどのような手術法を選択するか、医師と相談して決定しなければなりません。納得できる方法を選択するために、代表的な手術法について学んでおきましょう。

乳房切除術(全摘手術) 乳房温存術 センチネルリンパ節生検
乳房にできた腫瘍が大きかったり、数が多い場合は、腫瘍の発生した側の乳房をすべて取り除く切除術、いわゆる全摘手術を選択することが多いようです。
乳房切除術(全摘手術)≫≫
腫瘍の大きさや数、癌細胞の広がりなどを診断し、適応となった場合は腫瘍のみを切除する、乳房温存術を選択できます。ただし放射線治療との併用が条件です。
乳房温存術≫≫
乳癌から転移する可能性の高いリンパ節を全て取り除くのではなく、一番手前の部分のみを切除し、検査をする方法がセンチネルリンパ節生検です。
センチネルリンパ節生検≫≫
注目の記事

乳癌治療や再発・転移
防止の重要キーワード
『免疫力』について知ろう

girl

【免責事項】
このサイトは個人が調査した情報を基に作成しています。
乳癌の診断・治療は必ず医師に相談をした上で行ってください。

pagetop ▲