乳房切除術(全摘手術)

乳房にできた腫瘍が大きかったり、数が多い場合は、腫瘍の発生した側の乳房をすべて取り除く切除術、いわゆる全摘手術を選択することが多いようです。また、一部切除が適応しそうな病状でも、手術後の放射線治療ができない場合や、患者本人が望んだ場合には、全摘手術となるケースもあります。

全摘手術の方法として、現在一般的に行われているのは2種類。それぞれの方法について解説し、メリット&デメリットを考えてみましょう。

乳房内の乳腺すべてを取り除く『皮下全乳腺切除術』

リンパ節などへの転移がなく、非浸潤性の癌であっても、腫瘍のサイズが大きい場合や、いくつも腫瘍がある場合、癌細胞が乳房内の広範囲に広がっているケースなどでは、乳房の中のすべての乳腺を取り除く『皮下全乳腺切除術』という手術を選択します。

この場合、乳房の外側から下に向かって半円を描くように切開し、中の乳腺だけを取り除いて縫合します。表面の皮膚は取り除かないので、乳頭や乳輪は残すことができます。

メリット デメリット
●手術後、脇の下が凹んだり肋骨が浮き出ることはない
●乳房で癌が再発する可能性が低くなり、放射線治療の必要がなくなる
●乳頭や乳輪は残る
●乳房のふくらみがなくなる

皮膚を含むすべて取り除く『胸筋温存乳房切除術』

10年ほど前までは乳癌切除手術として最も多く行われていた手術法で、乳房内に癌細胞が広がっている場合や腫瘍の数が多い場合の一般的な方法です。リンパ節への転移がある場合などは、この手術法を選択し、腋窩リンパ節郭清を同時に行います。

乳房の下の胸筋を残して乳房全体を取り除く方法で、皮膚も切除するので乳頭と乳輪もなくなります。胸筋を残すので脇の下が凹むこともありませんし、腕や肩の運動障害も少ないと言われています。

メリット デメリット
●手術手術後、脇の下が凹んだり肋骨が浮き出ることはない
●乳房で癌が再発する可能性が低いので、放射線治療の必要がなくなる
●乳房のふくらみがなくなる
●乳頭と乳輪がなくなる
●腋窩リンパ節を郭清した場合は、腕のむくみや運動障害が起こる可能性がある
●胸筋の神経が残っていないと、筋肉の委縮が起こる。

術後に乳房再建を受けることも可能

乳房を切除すると同時に、乳房を再建する手術を希望する患者さんも多くなっています。

自分自身の別の場所から脂肪組織などを取り、乳房内に入れて乳房を再建する方法です。皮下全乳腺切除術なら、乳頭と乳輪は残っているので乳房のふくらみを作るだけで済みます。

胸筋温存乳房切除術の場合は、胸のふくらみを作り、その後に乳頭と乳輪を再建します。

乳癌の治療効果を高め
再発・転移をさせないためのキーワードは
免疫力
≫≫免疫力を高める方法を詳しく調べる≪≪
注目の記事

乳癌治療や再発・転移
防止の重要キーワード
『免疫力』について知ろう

girl

【免責事項】
このサイトは個人が調査した情報を基に作成しています。
乳癌の診断・治療は必ず医師に相談をした上で行ってください。

pagetop ▲