やさしい乳癌治療ガイド » 【特集】乳癌手術後の女性たちの声 » Cさん/53歳(局所再発を経験)

Cさん/53歳(局所再発を経験)

初期治療後7年後に局所再発が見つかる

40代半ばで乳癌を患ったCさん。たまたま受けた検診で1センチ以下の腫瘍が見つかり、グレード1の粘液癌と診断されたそうです。リンパ節への転移もなく、性質が大人しい種類の癌であることも分かり、腫瘍の部分だけを取り除く乳房温存手術を受け、放射線治療なども行って初期治療は終了しました。

その後、定期的な検査や診察を受けていましたが、手術跡のあたりでしこりを見つけ、術後7年目で再発と診断されたそうです。

本当に全摘すべき? 他に方法はないのか??

細胞診の結果、前回と同じ性質の乳癌であることが分かったその日に、残った乳房を全摘しましょう、と担当医から説明を受けたCさん。1ヶ月後の手術を予約したものの、家族からは本当に全摘すべきなのか、セカンドオピニオンを聞くべきでは?といった話があり、迷いが生じてきたそうです。

そこでセカンドオピニオンを受けたい旨を担当医に相談、担当医は快く承諾しました。大学病院の乳腺専門医を受診して意見を聞いたところ、MRIの所見や2回目の温存手術となったときの仕上がりの問題などから、やはり乳腺全摘手術を受けた方がよいだろう、という意見。Cさんの心もここで決まりました。

局所で留まっているなら、全摘して根治を目指す!

前回手術を受けた病院に戻り、担当医に全摘手術を予定通り受けたい意志を伝えると、医師からは「局所再発はそこだけをきちんと治せば大丈夫。根治しましょう!」という言葉があったそうです。

幸いCさんの場合は、リンパ節などへの転移が認められず、あくまで乳房内だけの再発だったこともあり、前向きに取り組むことができたそう。今度こそ再発を起こさないよう、全摘手術後の放射線治療などもしっかり受けているそうです。

乳癌の治療効果を高め
再発・転移をさせないためのキーワードは
免疫力
≫≫免疫力を高める方法を詳しく調べる≪≪
注目の記事

乳癌治療や再発・転移
防止の重要キーワード
『免疫力』について知ろう

girl

【免責事項】
このサイトは個人が調査した情報を基に作成しています。
乳癌の診断・治療は必ず医師に相談をした上で行ってください。

pagetop ▲