乳がんのすべてが分かるサイト » 乳癌の治療後に行うケア » 緩和ケア(心のケア)

緩和ケア(心のケア)

現在では身近な病気となりつつある癌ですが、突然診断を下された時のショックは計り知れません。身体の痛みや傷のケアはもちろん、心のケアを適切に行う必要がありますね。

そこで、必要以上に不安や痛みを感じないよう、緩和ケアや心のケアについても考えておきましょう。

乳癌ケアの医療スタッフと信頼関係を築くこと

まずは、初期治療を行う医療スタッフや医師と何でも相談できる関係を作ることが大切です。

治療を担当する医師とは、手術をして終わりというわけではなく、転移や再発をチェックするために数年間は関係を続けることになります。少しでも言動に不安を感じる医師や、治療内容に疑問がある場合は、治療を任せるべきではありません。症状や痛みの変化、疑問や不安などを何でも話せる医師に出会えるかどうかが、治療成功へのカギを握っているとも言えます。

医師も人間ですから、人間同士の相性があるでしょうし、「何となく相談しにくいな…」と感じてしまう医師がいることも致し方ないこと。経験や医療技術が優れていることだけではなく、人間的に信頼できる相手かどうかという視点で、医師と向き合ってみると良いのではないでしょうか。まずは、気負わず緊張せずに診察に臨みたいものです。そのために必要なポイントをいくつかまとめてみましょう。

  • 痛みや症状、確認しておきたいことはきちんとまとめてから受診する
  • 基本的な知識は、できるだけ身に付けてから受診する
  • 分からない言葉や治療法などは、その場で聞く
  • 自分の意志や事情、ライフスタイルなどできるだけ細かく説明する
  • じっくり話を聞きたい時は、診療時間外でも話ができる時間を作ってもらう

逆に考えると、上記のようなことができない医師や医療スタッフには、自分自身が心を開けない=信頼関係が築きにくいと判断できます。

どうしても治療法に納得できない時は、セカンドオピニオンを積極的に受けましょう。担当医には遠慮せずにその旨を伝えます。ほとんどの医師は快諾するはずですが、セカンドオピニオンを申し出た時に渋るような医師がいたら要注意。ほかの医師に治療を相談した方が良いかもしれません。

1人で不安と闘う必要はありません

最近では、乳腺外科など乳癌の標準治療を行う診療科以外にも、緩和ケア外来などの特別外来を設けている病院が増えています。

緩和ケア外来では、癌患者を対象に痛みや不快な症状を和らげ、心の不安やストレスも緩和する治療が行われているそうです。医師や看護師だけではなく、心のケアの専門家である心理士やカウンセラーが常駐していて、カウンセリングやアドバイスを受けることができます。

痛みや辛さ、苦しみを自分だけで抱え込む必要はありません。治療は担当医に、心理ケアはカウンセラーに、食生活指導は栄養士に、といった具合に様々な専門家にアドバイスを求め、サポートを受けるようにしましょう。

もちろん、家族やパートナーにも治療に積極的に関わってもらうことは重要。医師の診察には必ず家族や大切な人に立ち会ってもらい、1人だけで治療法に迷うことのないよう、家族の意見なども聞きながら進めていくと良いですね。

pagetop ▲