乳がんのすべてが分かるサイト » 乳癌の治療後に行うケア » 乳房再建

乳房再建

乳癌の切除手術によって失ってしまう乳房を、再び取り戻す方法が乳房再建術です。

若い患者さんが増えつつある昨今、この乳房再建を希望する方が多くなっていて、手術法もより自然に仕上がるように進化を続けています。乳房再建術について、種類や特徴、注意点などをまとめていますので、参考にしてください。

乳房再建を行う意味とは

乳房を失うことによって、女性は想像以上のダメージを受けてしまうことがあります。

大きな喪失感を味わうとともに、パートナーや子供との付き合い方が難しいと感じてしまったり。自分自身の裸を見るのも見られるのも嫌で、温泉にいけなくなってしまう人もいます。補正パッドを装着するため、ファッションが楽しめなくなったと感じる人も多いそうです。

乳房を失うことによる喪失感は人それぞれですから、特に乳房再建を望まない人もいます。しかし、乳房切除に大きな衝撃を受けている人ほど、再建手術を受けることが心の支えとなり、精神面での大きな効果を期待できます。癌の治療は体だけでなく心のケアも重要ですから、術後の生活に不安を感じる人ほど、乳房再建を検討するべきではないでしょうか。

乳房再建を行う時期

乳房再建手術は、基本的に形成外科の担当となりますから、信頼できる形成外科医を見つけるところから始まります。乳癌の切除手術と再建を同時に行う場合には、切除を行う病院に形成外科医が在籍しているかどうかを確認しましょう。乳房の再建方法や時期などを形成外科医と打ち合わせ、乳癌の治療と並行して行う必要があるからです。

乳房再建を行う時期は主に2種類あります。

ひとつは、乳癌の切除手術と同時に乳房再建までを1回の手術で終わらせてしまう方法。この場合、手術回数は少なくて済みますから体への負担が少なく、乳房の切除と同時に再建されるので、喪失感もほとんど感じません。ただし、切除手術を受ける前に再建法を決定しなければならず、形成外科医も切除手術を受ける病院の医師に限られます。

もうひとつは二期的再建と言って、乳癌の切除手術を行った後に、放射線治療などを行い、一定期間を置いてから再建手術を受ける方法。再建を受けるまで喪失感などをありますが、じっくり検討して手術法を決められますし、上手な形成外科医を選ぶこともできます。

乳房再建手術の種類

乳房再建にはいくつかの種類があり、大きく分けると自分の身体の脂肪などを移植する方法と、人工乳房などを用いる方法の2つ。

自分の身体の一部を使う場合は、体に馴染みやすくて劣化もなく、年齢と共に自然に老化する自然な乳房に仕上がります。しかも、手術費用は保険適用されます。ただし、お腹や背中など、脂肪を取り出す部分にも傷が残りますし、手術に時間がかかったり、入院期間が長引くなどのデメリットはあります。

人工乳房などを使用する場合は、人工物を挿入するだけの手術なら1時間程度で終了し、日帰り手術も可能。傷跡も乳房切除の跡だけで済みます。人工物の劣化などにより乳房が変形するケースも稀にありますし、手術に健康保険が適用されない場合もあります。

以下に、手術の種類をピックアップして情報をまとめてみました。

自分の身体の一部を移植する方法

<腹直筋皮弁法>

おへその下あたりの皮膚と脂肪、腹直筋を切除後の乳房に移植します。2本ある腹直筋のうちの1本を、血管をつないだまま腹部の皮膚の下を通して乳房までもっていって移植します。

人工乳房を使いたくないという人や、胸筋まで切除した人の再建手術に向きますが、乳房以外に腹部にも大きな傷が残りますし、壊死が起きやすいというデメリットがあります。出産を希望する人にも向きません。

<広背筋皮弁法>

乳房切除を行った側の背中を切開し、皮膚と脂肪、筋肉を移植する方法です。広背筋の一部を、血管をつないだまま皮膚の下を通して乳房までもっていき移植します。人工乳房を使いたくない人のうち、妊娠・出産の可能性を残したい人に向いている方法です。お腹から移植するのに比べ、移植距離が短いので壊死が起こりにくいそう。ただし、背中は脂肪が少ないので大きな胸を作りたい方には向きません。

人工物を使用する方法

<単純人工乳房挿入法>

1回の手術で人工乳房を胸に挿入する手術です。人工乳房はジェル状のシリコンや、寒天状に加工したシリコン、生理食塩水などの種類があります。いずれも、素材をシリコンバックに詰めた状態で皮膚と大胸筋の下に入れます。

<組織拡張法>

皮膚にゆとりがなく、人工乳房が入れられない場合は、大胸筋の下に組織拡張器を入れて皮膚を徐々に伸ばしていき、ある程度大きくなった時点で人工乳房を入れる方法です。乳房切除以外の傷は増えず、単純人工乳房挿入法よりは自然な形に再建できると言われています。

pagetop ▲