生活習慣の改善

初期治療が終わったら、自宅でできるケアで再発や転移を防止したいもの。日常生活の中で行うちょっとした習慣が、再発のリスクを抑えることにつながるかもしれません。そんな、生活習慣の改善方法について解説しましょう。

毎日の習慣で健康な身体を取り戻そう

手術や放射線治療が終わり、後は定期的にチェックするだけとなったら、まずは一安心。自宅でゆっくり過ごしながら、体力の回復や心の安定を取り戻す時期です。

自宅で過ごす日々の中で、どのようなことに注意すれば再発や転移のリスクを減らすことができるのでしょう。乳癌の再発を防止するためには、肥満とストレスを避ける生活が基本。過度なアルコール摂取や喫煙も避けた方がよいでしょう。一般的に、生活習慣病を予防するための生活習慣改善が、癌の再発や転移を予防することにもつながると考えられますね。

毎日の生活を見直すための、よい機会ととらえて実践してみましょう。

運動は無理のない範囲で適度に行おう

乳癌と診断された後に適度な運動を行っていた人は、全く行っていなかった人に比べて、再発や死亡のリスクが低くなる可能性があると言われているそうです。週に1時間程度のウォーキングを続けていた人は、ほとんど運動していなかった人に比べて乳癌の再発リスクが25%減少したというデータも残っているとか。

定期的に運動を行っている人は、自分自身の生活改善に高い意識を持っていて、身体の変化にも気を配りやすいですし、家族や社会との関わりも良く保たれていることが多いそうです。適度な運動はストレス解消の効果もありますから、毎日の生活の一部として体を動かす時間を作ることは大切ですね。

運動を行う際は、“無理のない程度に”というのが大前提。少し汗ばむ程度のウォーキングやジョギングを、週に1時間程度行うだけで生活改善に効果的です。

ストレスのない生活が元気な身体につながる

『ストレスの多い人は癌になりやすい』など、癌とストレスの間には関連性があるのではないかと言われていますが、実際のところ正確な研究データなどは得られていません。

しかし、再発や転移が起こるのではないかと不安を感じながら生活している方にとって、精神的なストレスは避けられないもの。少しでも軽減させるよう、身の回りのものを快適に整えたり、家族や友人との人間関係を友好に保つことなどは、体の不調を軽くすることにもつながるかもしれません。

不安な気持ちと上手く付き合いながらも、毎日の生活をいつも通り前向きに積み重ねていくことは、再発や転移を防止するための基本となるでしょう。

乳癌の治療効果を高め
再発・転移をさせないためのキーワードは
免疫力
≫≫免疫力を高める方法を詳しく調べる≪≪
注目の記事

乳癌治療や再発・転移
防止の重要キーワード
『免疫力』について知ろう

girl

【免責事項】
このサイトは個人が調査した情報を基に作成しています。
乳癌の診断・治療は必ず医師に相談をした上で行ってください。

pagetop ▲