乳がんのすべてが分かるサイト » 乳癌の治療後に行うケア » 食生活の改善

食生活の改善

乳癌の初期治療後、再発や転移を防ぐためにどのようなことに注意して生活すべきかを解説しましょう。まずは、食事の面から再発防止について考えてみることにします。

生活習慣病予防の食事が再発防止にも効果的

乳癌と診断された方のうち、肥満状態だった人の乳癌再発リスクや死亡リスクが高くなってしまうことは、一般的に知られている事実。初期治療後に太ってしまった方の再発リスクが高くなることも事実です。

原因として考えられるのは、肥満の方には術後の化学療法の効果が低くなるということや、ホルモン療法のアロマターゼ阻害剤が効きにくくなる可能性があることが指摘されています。

ですので、乳癌と肥満の関連性は明白。乳癌を罹患された方は、治療前からカロリー制限や運動などで肥満を避けることを指導されるそう。肥満を防ぐための食事と言えば、脂肪分や糖分、塩分、アルコールなどを控える、生活習慣病予防の食事と共通していますね。

1日の摂取カロリーを抑え、脂肪分や糖分、塩分を取り過ぎない、薄味の和食が乳癌の再発防止にも効果的であると言えるでしょう。

大豆イソフラボンは取り過ぎない方がいいの?

大豆製品に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た構造をしているため、乳がんの発症や再発リスクを高めるのではないかという説もあります。しかし、実際のところは、大豆製品の摂取量と乳癌との関連を示すデータなどはなく、リスクが高まると実証されているわけではありません。

中には大豆製品の摂取によって再発リスクが低くなるという可能性を示す研究があり、特にホルモン療法を受けている患者さんで再発リスクが低かったと出ているそうです。

豆腐や納豆などの大豆製品を摂取することで、再発を防ぐ可能性については多少期待できますが、大豆イソフラボンをサプリメントなどで大量に摂取することについては、安全性が確認されていないようなので、避けておいた方が無難でしょう。

乳製品は取り過ぎない方がいいの?

乳製品に関しても、多く摂取することで乳癌の発症リスクが低くなると近年になって言われるようになってきました。しかし、大豆イソフラボンと同様に、乳癌の再発との間に関連性がはっきりと認められているわけではありません。

乳製品は体に必要なカルシウムなどを摂取するのに最適な食品ではありますが、バターやチーズなどには脂肪分が多く含まれていますので、大量に摂取し過ぎると肥満につながることも。闇雲に摂取することは避け、毎日少しずつ食事に取り入れることを心がけましょう。

pagetop ▲