乳がんのすべてが分かるサイト » やさしい乳癌治療ガイド

やさしい乳癌治療ガイド

外科手術について

乳がんの外科手術「乳房切除術」「乳房温存術」の特徴やメリット・デメリットを解説。乳がんと確定された後、どのような対応が必要になるかを分かりやすくまとめました。入院が手術が初めてで不安、と言う人が、少しでも治療に対して前向きに臨めるように、基本的な知識をおさえておくようにしましょう。

外科手術2つの種類とは?

  • 乳房切除術
    腫瘍が大きい場合などは、腫瘍が発生した側の乳房を全適する手術になるのが一般的です。全摘手術の方法は、皮下全乳腺切除術、胸筋温存乳房切除術の2種類があります。
  • 乳房温存術
    腫瘍の数や大きさ、癌細胞などを診断して適応となれば、腫瘍のできた部分のみを切除する手術が選択できます。乳房温存術は、扇状部分切除術、円状部分切除術の2種類があります。

乳がんの外科手術について詳しく見る>>

放射線治療について

放射線治療は、原発病巣を直接治療する局所療法のひとつ。一般的に、局所癌の進行を食い止めたり、リンパ節へ照射して転移の予防したりとさまざまな方法で利用されています。ただし、放射線療法が適用とならないケースもあるので要注意です。その効果や適切なタイミング、副作用など気になる情報をまとめました。

乳がんの放射線治療について詳しく見る>>

抗がん剤を使った薬物治療について

全身への転移が疑われ、体のあちこちに散らばってしまった可能性の高い癌細胞に対して、抗がん剤を用いた薬物治療が行われます。薬物治療には、「術前薬物療法」と「術後薬物療法」という2種類の治療法があり、病気の進行具合やライフスタイルなどを考慮して方針が決定されます。

乳がんで抗がん剤を使った薬物治療について詳しく見る>>

薬物療法について

以前から行われていた抗がん剤による治療は、副作用が強く、抵抗を感じる患者さんも多くいます。そういった意味で、抗がん剤に比べて強い副作用が少ない「ホルモン療法」「分子的療法」は、画期的な全身治療と言えます。これらは薬物療法が、癌細胞に作用する仕組みや注意点を解説します。

薬物療法3つの種類とは?

  • 化学療法(抗がん剤)
    DNAを攻撃し、癌細胞の増殖や分裂を防ぐ薬剤です。正常な細胞にも作用してしまうため、副作用が出ます。
  • ホルモン充填療法
    抗がん剤に比べて副作用が弱く、最近主流になりつつある治療法です。
  • 分子標的療法
    特定の分子に作用し、癌だけを攻撃できる治療法として注目されています。抗がん剤との併用が基本です。

乳がんの薬物療法について詳しく見る>>

ステージによる治療の違い

治療方法は、腫瘍の大きさと部位、リンパ節や多臓器への転移の有無などステージによって異なります。大まかな治療の流れを、ステージごとにまとめました。

  • 0期
    乳房温存手術後、放射線治療を行います。センチネルリンパ節生検は、病状によって判断されます。術後の検査次第で、再発防止のために薬物療法を行います。
  •  Ⅰ~Ⅱ期
    腫瘍が小さい場合は、乳房温存手術と放射線治療を行います。腫瘍が大きい場合は、術前薬物療法で腫瘍を縮小させてから外科手術を行います。術後に病理検査を行い、薬物療法、化学療法、分子標的治療のいずれかを再発予防のために行われることが多いです。
  • Ⅲ~Ⅳ期
    薬物療法をまず行います。Ⅲ期の場合はその後、温存手術または摘出手術を行い、再発予防のため放射線治療を行うことがあります。Ⅳ期の場合は薬物療法に加えて、外科手術、放射線治療、緩和ケアを症状により選択されます。

外科治療や放射線治療、抗がん剤を用いた化学療法やホルモン療法などは、健康保険の適用範囲内で行われる「標準治療」と呼ばれる治療法です。

しかし、標準治療であまり効果が得られなかったり、病状が進んでいる場合、または標準治療と他の方法を併用することでより治療効果を高めたい、という患者さんなどは、「標準治療」にかわる「代替療法」を選択するケースも増えています。

厚生労働省の調べによると、がん患者における補完代替医療の利用者は44.6%。そのうち95%以上が、健康食品・サプリメントを利用しているとされています(出典:※厚生労働省がん研究助成金「我が国におけるがんの代替療法に関する研究」より)。

pagetop ▲