乳がんのすべてが分かるサイト » 乳癌の薬物療法3つの種類

乳癌の薬物療法3つの種類

乳癌のタイプによってかわる薬物療法の治療薬

以前から行われていた抗がん剤による治療は、一定の効果が見られるものの副作用が強いことで知られ、抵抗感を感じる患者さんが多いのも事実でした。

抗がん剤に比べて強い副作用がなく、高い効果が得られるホルモン療法と分子標的治療という新しい治療法が加わったことは、とても意味深いものです。治療の選択肢が広がっただけでなく、辛い治療を行うことなく完治を目指すことができ、患者さんの精神的な負担を軽くする点でも画期的と言えるでしょう。

そんな、ホルモン療法や分子標的療法について、癌細胞に作用する仕組みや治療法の特徴、副作用や注意点などをまとめて解説しましょう。従来の抗がん剤による化学療法についても、合わせて紹介します。

化学療法(抗がん剤) ホルモン充填療法 分子標的療法
抗がん剤は、細胞の核となるDNAに働きかけて細胞増殖や分裂を抑制する効果のある薬剤です。癌細胞は正常な細胞に比べて、増殖力が高く、細胞分裂のスピードが速いという特徴があります。癌細胞のみでなく、健康な細胞にも作用するため、副作用があります。
乳がんの化学療法(抗がん剤)≫≫
乳癌の切除手術の後で、再発や全身への転移を防ぐために行われる、ホルモン療法による全身治療。数年間投与を続ける、長期的な療法です。ホルモンレセプター陽性タイプの乳癌なら治療効果を上げることができます。
乳がんのホルモン充填療法≫≫
乳癌の治療法として、乳房の病巣部を切除することが基本ですが、さらにそこから最初に転移する可能性の高いリンパ節を一緒に取り除いてしまう方法がリンパ節郭清です。
乳がんの分子標的療法≫≫
免疫力をアップ!「毒だし酵素」のチカラとは?
pagetop ▲