分子標的療法

最近になって徐々に普及しつつある分子標的治療について、治療の概要や期待できる効果、気になる副作用などの情報をまとめて紹介します。

分子標的治療とはどのようなものか

分子標的治療とは、その名の通り特定の分子だけに作用するよう作られた薬剤によって行われる治療法。分子標的治療薬を投与することで、癌細胞が際限なく増殖を続けるために必要とされる独自の分子を見つけ、正常な細胞は傷つけずに癌だけをピンポイントで狙い撃ちすると言われている方法です。

抗がん剤のような辛い副作用を起こさず、癌だけを攻撃できる画期的な治療法であるとして注目を集めています。しかし、この治療法が適用されるにはいくつかの条件がありますし、問題点も指摘されています。

乳癌が持つHER2タンパクを狙い撃ちする?

乳癌における分子標的治療は、乳癌細胞の表面にあるHER2(ハーツー)というタンパク質をターゲットとして行われます。HER2タンパクは、乳癌細胞に『どんどん増殖しなさい!』という指令を与える性質があると言われています。

分子標的治療薬は、このHAR2タンパクにくっ付いて動きを封じ込めると共に、癌細胞の居場所を教える目印になります。体内に侵入したウイルスや異質な細胞を攻撃して排除する免疫細胞が、癌細胞を見つけやすくなりますから、自分自身の免疫機能で癌をやっつける効果も高くなるわけです。

分子標的治療薬は、乳癌細胞が持つHER2タンパクだけに作用するので、そのほかの正常な細胞には目もくれず、癌細胞だけを破壊することができます。正常な細胞を傷つけないということは、正常な組織が機能を失うことがないので、分子標的治療薬だけ見ると重い副作用が起きにくいということを意味しています。

乳癌治療に使われる分子標的治療薬

現在、乳癌向けに開発されている分子標的治療薬は数種類ありますが、中でもよく使われているものに、「トラスツズマブ」や「ペルツズマブ」などがあります。

どちらの薬も、HER2タンパクにくっ付いて癌細胞の増殖を抑える効果があるとされていますが、基本的にHER2タンパクを持っている癌細胞にしか作用しませんので、治療が適応するかどうか検査し、HER2陽性であることを治療前に確認しなければなりません。

分子標的治療の期間は、手術後の再発予防または再発癌の方向けの全身治療として、約1年間行います。1週間に1回または3週間に1回の頻度で点滴により投与されるそうです。

また、「トラスツズマブ」や「ペルツズマブ」などは、単独で使用することもありますが、ほとんどは抗がん剤と一緒に使用され、組み合わせることで効果が上がると考えられています。

乳癌の再発治療として「トラスツズマブ」を投与し、効果がないと診断された患者さんは、「ラパチニブ」や「T-DM1」といった他の分子標的治療薬を使用することがあります。

分子標的治療に副作用はあるのか

分子標的治療薬「トラスツズマブ」の副作用として報告されているのは、悪寒と発熱。4割近くの患者さんが、初回の投与後24時間以内に発生しています。中には、ごく稀に呼吸器障害や心機能の低下などが見られることがありますが、重篤な副作用はほとんどありません。

しかし、分子標的治療薬は抗がん剤と併用されることがほとんどなので、結局は抗がん剤による副作用を避けることはできないと考えたほうがよいでしょう。

乳癌の治療効果を高め
再発・転移をさせないためのキーワードは
免疫力
≫≫免疫力を高める方法を詳しく調べる≪≪
注目の記事

乳癌治療や再発・転移
防止の重要キーワード
『免疫力』について知ろう

girl

【免責事項】
このサイトは個人が調査した情報を基に作成しています。
乳癌の診断・治療は必ず医師に相談をした上で行ってください。

pagetop ▲