ホルモン充填療法

乳癌の切除手術の後で、再発や全身への転移を防ぐために行われる、ホルモン療法による全身治療。ホルモンレセプター陽性タイプの乳癌なら、抗がん剤治療の代わりに、もしくは抗がん剤と併用して治療することで効果を上げることができます。

最近の主流になりつつある、ホルモン療法について、特徴や効果、副作用などの情報をまとめて紹介します。

乳癌になぜホルモン充填療法が効くのか

乳癌の中には、“女性ホルモンの影響を受けながら分裂や増殖を繰り返す”という 独自の性質を持った種類が存在します。乳腺や乳管という女性の生殖と関係の深い器官に発生する癌であることから、癌細胞の中に女性ホルモン・エストロゲンを感知するレセプター(カギ穴のようなもの)を持っていて、エストロゲン(カギ)が分泌されるとそれを取り込み、刺激を受けて細胞の増殖が促進されるのだとか。

ということは、カギとなるエストロゲンを癌細胞へ供給しないよう働きかければ、癌細胞は分裂を促されずに衰えていくはず。ホルモン療法は、エストロゲンによって癌細胞を刺激しないよう、抗ホルモン剤を使ってエストロゲンの分泌を抑えたり、レセプターをブロックする治療法なのです。

ホルモン療法の流れ

手術後に癌細胞を病理検査し、まずはホルモンレセプターを持っているか持っていないか、陽性なのか陰性なのかをチェックします。レセプターが陽性となる乳癌細胞は「ホルモン依存性の乳癌」として、ホルモン療法によって癌細胞の増殖を抑止できる可能性が高まります。

手術によってどの程度の治療が行われたか、転移の可能性の高さ、病理検査の結果、患者本人の希望などを考慮して、ホルモン療法のみを行うか、化学療法を併用して行うか治療方針を決定します。もしも、病理検査の結果でホルモンレセプターが陰性と出たら、抗がん剤による化学療法のみを受けることが推奨されます。

抗ホルモン剤の投与方法は、注射による投与と経口投与の2種類があり、どちらも数年間は投与を続けなければならない、長期戦となる治療です。

閉経前と閉経後では治療法が違う?

抗ホルモン剤は、女性ホルモンの分泌を止めたりブロックする薬剤ですから、女性の生理周期に大きな影響を与えることは避けられません。

閉経前と閉経後とでは、エストロゲンの作り出される経路が異なりますので、使用する薬剤も、閉経前か閉経後かによって大きく違ってきます。

閉経前の患者さんの場合は、女性ホルモンを作るための指令を出すLH-RH(性腺刺激ホルモン放出ホルモン)を阻害することで、エストロゲンを作らせないようにするLH-RHアゴニスト製剤という種類の薬が使われます。

閉経後は、卵巣から分泌されるエストロゲンの量が減り、代わりに副腎から分泌される男性ホルモン・アンドロゲンと全身の脂肪細胞にあるアロマターゼという酵素が結合することでエストロゲンが作られます。そこで、アンドロゲンよりも先にアロマターゼと結合する薬剤を投与し、エストロゲンが作り出されるのを阻止する治療が行われるのです。

また、閉経前も後も同じ薬剤が使用されるものとしては、癌細胞のエストロゲンレセプターに先回りしてブロックする、抗エストロゲン剤があります。

ホルモン療法で使用される主な薬剤の特徴

抗ホルモン剤は、使用される患者さんの状態や目的によっていくつかの種類に分けられます。よく使われている代表的な薬剤を、閉経前・閉経後に適しているものに分け、どのような作用があるのか、商品名などを紹介しましょう。

閉経前に使用される薬剤

エストロゲンの分泌を抑えるもの 癌細胞のエストロゲンレセプターを
ブロックするもの
商品名:「ゾラデックス」、「リュープリン」
どちらもLH-RHアゴニスト製剤と呼ばれるもので、卵巣からエストロゲンが分泌されるのを阻害する薬剤です。4週間に1回、お腹や腕に注射で投与することを2年間続けます。
商品名:「ノルバデックス」、「タスオミン」、「エマルック」
乳癌細胞にあるエストロゲンレセプターに先回りして結合し、エストロゲンが細胞増殖を促すことを阻害する薬剤です。閉経前に使用されるのは、クエン酸タモキシフェン系の「ノルバデックス」などで、5年間飲み薬として経口投与します。癌細胞の抑制以外にも、コレステロールを低下させたり、骨粗しょう症の予防にも効果があるとされています。

閉経後に使用される薬剤

アロマターゼをブロックして
エストロゲンの産出を抑制するもの
癌細胞のエストロゲンレセプターを
ブロックするもの
商品名:「アリミデックス」、「アロマシン」、「フェマーラ」など
閉経後の体では、副腎から分泌された男性ホルモン・アンドロゲンを脂肪細胞にあるアロマターゼと結合させてエストロゲンを作り出すことに注目。先回りしてアロマターゼと結合し、エストロゲンを作り出せないよう阻止する薬剤です。毎日服用するタイプの経口剤で、途中で薬剤を変えながら最低でも5年間は投与し続けます。
商品名:「フェアストン」など
乳癌細胞のエストロゲンレセプターと結合して、細胞増殖を抑える薬剤です。閉経後に使われるのは主にクエン酸トレミフェン系の「フェアストン」などです。

ホルモン療法で生じる副作用とは

抗がん剤ほどではありませんが、ホルモン剤によって副作用が起こることがあります。ホルモン療法で使用される薬は、女性ホルモンの分泌を抑制したり、ブロックする薬剤ですから、女性ホルモンが減少することが原因で起こる更年期障害のような症状が現れるそうです。主な症状は、以下のようなものです。

  • LH-RHアゴニスト製剤の副作用
    ホットフラッシュ、イライラ、抑うつ感、気分の変調、関節痛、骨量の低下など
  • アロマターゼ阻害剤の副作用
    食欲不振、物忘れ、無力感、眠気、関節痛、骨量の低下など
  • 抗エストロゲン剤の副作用
    生理不順、ホットフラッシュ、抑うつ感、イライラ、脂肪肝、子宮内膜癌など
乳癌の治療効果を高め
再発・転移をさせないためのキーワードは
免疫力
≫≫免疫力を高める方法を詳しく調べる≪≪
注目の記事

乳癌治療や再発・転移
防止の重要キーワード
『免疫力』について知ろう

girl

【免責事項】
このサイトは個人が調査した情報を基に作成しています。
乳癌の診断・治療は必ず医師に相談をした上で行ってください。

pagetop ▲